スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

空中給油機配備に反対し、抗議行動!

2008.03.19 (Wed)
080223 030
 愛知連絡会の会員は空中給油輸送機kc767の小牧基地に配備に反対し、街頭宣伝などを行ってきました。当初2007年度中とされていた配備は、イラク戦争の泥沼化、安倍政権のもとでの防衛庁汚職などに揺さぶられ、一機目の配備が2008年2月に大きくづれ込みました。
 2月23日には、東海合同労組と三重、岐阜の連絡会、そして愛知連絡会の会員も参加して、小牧基地への配備阻止行動を闘いました。
 空中給油輸送機は、1万キロの航続距離。200人の兵員と35トンの貨物輸送が可能。これによって、イラク駐留米軍の支援に一日あれば間に合うとされます。
 また、空中給油による戦闘機支援体制が完成するといわれています。
 2008年度にさらに一機が配備され、小牧基地に150人体制の新飛行部隊が新設されることになります。
 民意と政府・財界の軍事政策の間に、深い亀裂が入り始めています。
 長期化するイラク戦争ははじめからなかった正当性への疑問が支配層の中からももちあがっています。小牧基地をはじめ、全国の隊員の中にも厭戦気運がひろがっています。
  地域の労働運動を強化し基地を包囲する闘いが、自衛隊員の抵抗と反乱と結びつく日が確実に近づいています。
スポンサーサイト
【編集】 |  15:39 |  未分類  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。