スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

9.15 東海の裁判員裁判第1号 抗議行動

2009.09.15 (Tue)

9.15. 津地裁 東海の裁判員裁判第1号 強行

!!!東海連絡会 津に結集 抗議行動を展開!!!



 9月15日(火),ついに東海地区の裁判員裁判第1号が強行されました。
 裁判員制度はいらない!大運動/東海連絡会に結集する弁護士,労働者,市民20名が,三重,愛知,岐阜から,津に結集!

 8時から,近鉄の津新町駅前で,街宣活動を展開。裁判員制度の危険性を訴えました。早くからマスコミが取材に来ていたので,マスコミに対しても,現代の赤紙,現代の徴兵制度にむすびつく裁判員制度の危険性をアピールしました。

 9時すぎから,地裁前に移動しました。

 地裁前へくると,取材にきたマスコミ各社が陣取ってごった返しています。
 マスコミが,なぜ裁判員制度に反対するのかをきいてきたので,3日で終わらせる裁判とか,憲法違反の疑いがあることなど,制度的問題もあるが,一番重要なのは,現代の赤紙,裁判員制度の実施強行を許すことは,改憲から徴兵制へ向かうことを許すことになることを訴え,制度廃止まで断固たたかってゆくことを訴えました。
090915_tisai.jpg

 地裁前で,横断幕を広げて,私たち絶対反対派の存在と主張を大きくアピール!
 地裁前を通りかかる人に対してビラまきをしました。


 のぼりも林立させて,宣伝効果をあげます。


 交代でマイクを取って,市民の反対を押し切って裁判員裁判を強行する当局,裁判所を弾劾するアピールをしました。



 労働組合として立場からの反対の発言がありました。国が,裁判への市民参加の美名の下に,労働者を戦争体制に動員しようとしているのに,体制内組合沈黙するか翼賛しているなか,決起して,労働者に呼びかけました。


 傘が広げてありますが,まだ雨は降ってきません。
 この傘は,裁判員制度ストップをアピールするための傘です。


 裁判員制度は,市民の司法参加のためでも,市民感覚の司法への反映のためでもない。市民を刑事罰で恫喝して,市民が市民を裁く場に強制動員する,恐ろしい制度です。現代の赤紙です。徴兵制につながり,改憲につながります。
 いやだなと思っているだけで,黙っていてはなりません。黙っていると,戦時体制が敷かれます。絶対反対で阻止しましょう。
 8割の市民の反対は正しい感覚です。市民の皆さん。私たちとともに,反対の声をあげましょう。


 地裁の東側の道路には,賛成派が1名だけ出現。ビニールのメガホンで,裁判員制度実施支持を怒鳴っています。 何者かは不明ですが,我々反対派が圧倒しています。

 10時30分,お城西公園へ移動。裁判員裁判強行を弾劾する集会をしました。
 交代でマイクを取って,裁判員裁判実施強行に対して抗議する発言をしました。
 公園前は市役所で,市役所に対しても大きくアピールできたと思います。
 
090915_syukai.jpg

 組合の活動方針に裁判員制度反対を掲げて闘っている,数少ない組合であるス労自主の仲間もかけつけてくれました。


 交代でマイクを持って,裁判員制度を強行する当局への戦闘宣言をします。


 集会の最中に雨が降ってきました。


 隊列を組んで,デモ出発の準備をします。


 11時から,抗議のデモ行進をしました。お城西公園から出発,地裁前を往復し,公園に戻りました。


 地裁前に「裁判員制度 絶対反対!」のシュプレヒコールが響き渡り,敵を圧倒しました。

 デモ行進終了後,公園の一角の東屋に集まって簡単に総括しました。

 午後から,傍聴券とりに並びました。百聞は一見にしかず,というわけで,弁護士の会員に裁判員裁判の様子を傍聴してもらおうと,20人で協力してならびましたが,30席に対して720人が殺到し,残念ながら1人も当たりませんでした。

 裁判員裁判の強行を阻止はできませんでしたが,私たちの絶対反対の主張は,決定的に正しいと思います。今回も出頭拒否者が出ました。東京で2名だったのに対し,今回は5名。確実に増えています。絶対反対が正しいから,拒否者が増えるのです。
 東海地区の次は,10月6日(火),名古屋と岐阜です。裁判所を包囲して闘ってゆきましょう。
 全国の皆さんとともに,裁判員制度廃止まで頑張りましょう。

スポンサーサイト
【編集】 |  20:00 |  裁判員制度  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。