スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

12.1 名古屋地裁前で愛知の裁判員裁判第2号に抗議

2009.12.02 (Wed)

12月1日,名古屋地裁前

愛知の裁判員裁判第2号に抗議の宣伝活動



12月1(火),名古屋地裁で,愛知県の2例目の裁判員裁判がありました。10名弱で抗議行動してきました。
全国初の未成年の被告の審理で,また,強姦致傷容疑ということで愛知県初の性犯罪事件審理です。

1例目のときに比べてマスコミは少なく,過熱報道はやや沈静化の傾向です。しかし,同時に,我々の活動の報道もなくなりました。

091201_名地裁_1

「裁判員制度は,市民の司法参加ではない,現代の赤紙だ,検事総長が国民に統治主体意識を持たせるためとはっきり述べている」「8月東京の全国第1号以来3ヶ月,刑事裁判は,真実の追究という使命をすててプレゼンテーション合戦によるショウと化している,我々はこれを許さない」「1人の拒否からみんなの拒否へ,みんなで拒否して制度廃止に追い込もう」と訴えました。

091201_名地裁_2

11.14の全国統一行動日に名古屋栄の繁華街では,思うようにビラがはけなかったので,今回ビラを少なめに用意しましたが,4時間弱の宣伝で300枚のビラはなくなりました。繁華街と異なり,裁判所あたりを通る人はやはり関心高いです,名古屋にしてはビラの受取がとてもいいです。10名くらいの署名も集まりました。人通りが少なかった代わりに,数名の裁判員候補者と話しができました。運動へのオルグはできませんでしたが,話をした人は,みんな当局のひどいやり方に怒っていました。また,通りかかった何名かの弁護士から「ガンバレ!」とエールをうけました。


来週,12月8日(火),岡崎支部での第1号に抗議に行きます。
皆さんの参加をよびかけます。
スポンサーサイト
【編集】 |  04:16 |  裁判員制度  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。